2014年10月15日水曜日

Bianchi試乗会 その3 INFINITO CV編 IMPULSOもちょっとだけ


プレゼン会場を後にして、試乗の続きをします。


空いてるモデルが…


INFINITO CV 105 50サイズ


いきなりハイエンドモデルです…
こっ、これに乗っていいのかな?

さっきのより一つ小さいサイズで、私にはちょうど良かったです♪

ちなみに、事前にこんな記事を読んでいたため

Bianchi INFINITO CV インプレ

自然と期待とテンションが上がります(((o(*゚▽゚*)o)))

後輩はTCRから乗り換えて、私のためにIMPULSOを試乗車に選んでくれました。


INFINITO CVは乗って動き出した瞬間から…

私「なっなっなっなんだこれ、全てが違う…
何もしてないのにすげー進む!!((((;゚Д゚)))))))」

おかげでさっきより明らかに速く下ってます(震声

登り区間もフレーム、コンプ、ホイールと全てのグレードが上なので、さっきより随分らくらくと登るます。
そんなことよりも何より



超楽しい*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*


INFINITO CVはサイクルスポーツセンターの下り坂の段差を、ほぼ何も感じずに(気にすることなく)走破し、ヘルメットが風で吹き飛ばされるんじゃないかって程加速していきます((((;゚Д゚)))))))
※NIRONEは振動でそこまでスピード出せなかった。

普通段差があると身構えたりすると思うのですが…

Bianchiの伝統カラーであるチェレステをまとったINFINITO CVの美しいフレームには段差など無に等しく、ただただ走破していきます…

そう、この人は優しい顔して平気で人(段差の衝撃)を殺すような人なんです。


さすがツールドフランスのステージ優勝を飾っただけの事はあります…
興味のある方はこちらからハイライトが見られますよ。

いやー、凄いとしか言いようがない…
本当異次元の感覚でした。

その後、登りと下り一つ分IMPULSOと交換しましたが、
IMPULSOの感想としてはプレゼンで教わった通りの、NIRONEをシャープにダイレクトにしたようなモデルでした。

NIRONEよりも恐怖感がなく坂を下れたので、NIRONEよりも速い速度域で使いたい中級者くらいの方はIMPULSOを選択すると楽しいのかもしれません。
ジオメトリーや素材はほぼ同じはずですが、NIRONEよりしっかり走るために作られているのがわかります。

ゆったり走りたい方はNIRONE。
しっかり走りたい方はIMPULSO。
両方を兼ね備え更に軽量なINFINITO CV

この様な印象でした。
度のモデルもネガティブな面はありませんが、自分がどこまでの領域で使いたいのかイメージして、
コストと相談して決めると良いと思います。





INFINITO CVの余韻に浸りつつも、次もまた凄いのに乗ります。