2019年5月25日土曜日

AlfaRomeo Giulietta 


147からGiuliettaに乗り換えました…


ジュリエッタは排気量1400ccのターボ車となり、低速からのトルクを活かした走りが最初の印象でした。
エンジンが2000回転を超えたら即座にシフトアップ。ツインクラッチなのに変速はややおっとりですがスムーズに加速する走りはちょっと良く、ツアラー的な上質さを感じる走りがとても好感が持てます。

なので、147のエンジンを回して走る感じとは少し違うので、最初はスムーズで上質なんだけど「あれ?もうシフトアップ?え?もうこんなスピード?」と走っている!と言う感覚が少し薄く違和感を感じております。
違和感はあるのですが、スピードが程よく乗ってくれるのでいつまでもそのスピードで流したくなります。



DNAモードのDにするとNだった時のスルスル走る感覚とは打って変わり、アクセルにリニアに反応した加速と共に1400ccとはとても思えない太いエンジン音が遠慮なく室内に入ってきます。



ステアリングも油圧式のハンドリング?と思うようなやけに重たい設定になりますが、ちょっと演出過剰かな?とも感じられます。
しかし、ハンドリングに関しては流石アルファロメオ。
相変わらず超クイックなハンドリングはコーナーを曲がるのを面白くしてくれます。
また、それと相まってコーナーではじわーっとサスがロールしつつ粘りのあるコーナーをクリアするのも健在です。
足回りも硬さを感じず、段差を超えてもストンっと姿勢を維持し柔らかいだけではなく乗り心地もなかなか良いと思います。

2つ難点があり、エンジンブレーキを効かせようとシフトダウンしてもエンジンブレーキが全然効きません。
普段からすぐにシフトアップしてしまうので、3速かな~?と思っていたら、実は5速に入ってたりするので1速落としてもあまりエンジンブレーキは効きません。
なので147の様なセレスピードでもほぼMTの様なエンジンブレーキのフィーリングは得られません。
ここは好みの問題かもしれません。

2点目は右ハンドルの宿命かもしれませんが、ブレーキとアクセルの間隔が近すぎます。
ブレーキからアクセルに踏み変える時に靴によってはブレーキに引っかかるのですが、他にそう言う方がいらっしゃらないので私の気にしすぎかもしれません。


そもそも、アルファロメオなので欠点もありますが正直あんまり気になりません。
気になってしまう方はゴルフ等ドイツ系のCセグメント車の方が幸せになれると思います。

気持ちよく走ってくれて、停めているだけで絵になる。
ただの移動手段の為の車と言う枠を超えて、ジュリエッタのある自動車生活はきっと休日を過ごすのに良いパートナーになってくれます。


発売は2012年ですが、このデザインが色褪せたとは感じません。
国産車似た年式の車でしたらとっくに古くさく感じてしまいますが、アルファロメオは古くても特に気になりません。
私は159やブレラなんかもまだラインナップしててほしいくらいです。


モノクロにしてもむしろアートみたい。


ちょっとしたカッコよさの演出も私は好みです。



私の元にやってきたので自転車とも仲良くしてもらいます(笑)
その為都会や都内を走るより、友人とのBBQや自転車で走る為に田舎方面に走る事が多いかもしれません。
田舎方面に行くには渋滞とは無縁でのびのびと走る事ができるので、そういう道の方がジュリエッタを運転する楽しみがありより豊かな時間をもたらしてくれると思います。


2019年4月30日火曜日

EQUILIBRIUM CYCLE WORKS E1


自分史上最高のロードバイク
EQUILIBRIU CYCLE WORKSさんにオーダーしていたE1が組みあがりました。



世の中には沢山のロードバイクがあります。
カーボン全盛期の今ですがアルミ等の金属もどんどん良くなっている時代。
みなさんはクロモリにどんなイメージをお持ちですか?

細身で重いけど乗り心地の良いロングライド向けの物でしょうか?


私もそんなイメージが先入観としてありますが、クロモリと一言で言っても肉厚で細身の物から大口径で薄い物まで種類は様々です。






どんなパイプでどんなジオメトリーで組むか?
また、パイプも場所によって違うものを使ったり、まるで無限の様な組み合わせの中からたった一つの組み合わせで出来上がってくるクロモリのオーダーフレーム。



上の画像のEQUILIBRIUM CYCLE WORKSさんのシクロクロスモデルのMOLOT(モロ)
試乗のため受け取った瞬間に伝わるクロモリとは思えぬ程の軽さ、乗ってみるととにかくよく進むのが印象的でシクロクロスの太いタイヤを履いてると言う事を忘れるほどの体験でした。

その後は以前ブログに書いた通り、工房へお邪魔させていただきロードのE1も試乗をさせていただきました。

ビルダーの方に直接私の要望を伝え。
akia「今の硬いフレームは緩斜面では加速するけど、15%を超える坂ではフレームが硬くてペダルを踏めない程…
坂で助けてくれるコンフォートさを持ちつつ、ダウンヒルをしてもレーシングモデルの様に安定して走ってくれる。バランスのとれたモルトの様な感触のロードバイクが欲しい!後シートステーは綺麗な曲線にしてください!(重要)」
と言ったのを覚えています(笑)

見た目?もそうですが以前乗っていたNironeの方が圧倒的にキツイ坂でも上りやすかった事を伝えると…

ビルダーさん「シートステーの曲線は坂でダンシングしてトルクのかかった時にたわみ→元に戻ろうとする動きが坂で加速するのを助けてくれるからいいと思う。
また、フロントの三角(トップチューブ‣ダウンチューブ・シートチューブ)は柔らかく作るとダウンヒルで安定しなくなるから、フロントは軽くて硬いパイプ。リアは軽くて柔らかいパイプで組みましょう。」

と、私のわがままな要望があっけなく具体的な解決策を導き出していただけました。
大まかなパイプはほぼきまり、坂で助けてくれる様な工夫をリアに施していただき(書ききれませんがw)
ジオメトリの数値はフィッティングを受けてから決めることになりました。

リアに現行のモロと同じ曲げ加工を入れようかと提示されましたが、今回はスタイリング重視で当初の予定のままオーダー。


横方向の曲線は私のモデルの様に曲がっていますが、シートステーからチェーンステーにかけて縦方向にも緩やかに曲げ加工が入っています。

今思えばやってもらってもよかったかな?



それから数か月が過ぎ、メールにて溶接が終わったとの連絡がありました、

単色ペイントならアップチャージ無しで対応していただけるので、シンプルなクロモリにはそれでも全然よかったかもしれません。
私の場合はカスタムペイントを依頼したので、cook paint works さんにてペイントの依頼をしに行きます。


日程を調整してどんなペイントにするか…
初めて実物を見ましたが溶接されているのがウソみたいに綺麗に仕上げていただき大満足。

ペイントの要望としてはパールホワイトに黒いロゴを艶ありの仕上げ、それから赤の差し色を入れてくださいとのオーダー。
じゃあその差し色の赤をどんな風に入れようか?と言うところで…

私「白いフレームの内側にべったり赤を入れて汚れを目立たなくする機能性もある塗り方か、ラインのみの様なシンプルに仕上げるか悩んでいます。」

ペインターさん「わかりました。そしたらべったり赤を入れてしまうと完成車でもありがちな塗装になってしまうので、折角のオーダーフレームに綺麗なリアの曲線を生かすペイントにしましょう。
細い3mm程のラインをフレームの内側に、ブレーキアーチもその延長線上にラインを入れてリアエンドの小窓も赤く塗りましょう。」

それを聞いて悩みが吹っ切れました。

これがプロの人か…
ビルダーさんの時もそうでしたが、私の要望の本質を明確にしアプローチしていただける。
足を運び、現物を前に話導かれていくような。
何とも言えない静かな喜びの感覚に浸りながら出来上がりを待ちます。


出来上がったのがこちら。
ぱっと見はパールホワイトにブラックのロゴとシンプルな単色ペイントにみえるのですが。
角度を変えたら見えてくるシートステーとチェーンステー内側の赤いライン。
リアエンドの小窓細部にも赤を入れていただきました。

ビルダーさんの元へフレームを受け取った際に

ビルダーさん「シンプルだけど完成車じゃ絶対にありえない。
こういうペイントにこそカスタムペイントの価値がある」
と、大絶賛していただきました。

ビルダーさん「どこで組んでもらう?カネハチ?」

そんな言葉とリアルの知り合いでもあるあおじるさんや牛さんがお世話になっている。
サイクルカネハチさんへフレームを持ち込みました。


あおじるさんが話を通しておいてくれたおかげで、すんなりと話が通りコーティングやパーツの取り寄せなどを快諾していただきました。

カネハチさん「軽いっw私がオーダーしたのは2kg級ですが、これはかなり肉薄で軽量なパイプを使ってますね!」

カネハチさんはEQUILIBRIUMのお客さん第一号だそうで、そのころとはかなり変わってるみたいです。

部品が届き次第少しずつ組みあがっていく写真をあおじるさんが良く送ってくれました。










#equilibriumcycleworks さんにてオーダーしていたフレームが #cookpaintworks さんにて塗装が完了 #cyclekanehachi にて現在組み立て中。 あとはもう細かい部品が納品されたらすぐ完成だそうです! 真横から見たペイントはシンプルですが、角度を変えると見えてくる繊細な赤のライン。 カスタムペイントですがシンプルかつミニマルにまとめたある意味贅沢なペイント。 他ではあまり見た事が無くとても満足しています(*´ω`*) フレームに近いパーツはマッチペイントをせず、元が綺麗なシルバーの#chrisking や #thomson をセレクト。 出来上がったらまた報告します♪ #customframe #handmadebicycles #outsideisfree #columbusspirit #enve #thomson #chriskingbuzz #fulcrumwheels #racingzerocarbon #sram #sugino #mightytour #nissencable

akia1025さん(@akia1025)がシェアした投稿 -

そして最終的に出来上がったのがこちら。












@equilibriumcycles 当店お馴染みの《エクイリブリウム サイクルワークス》のスタンダードなロードバイクを納車させて頂きました。 スチールフレームながら、そこそこ軽量なしあがり。 乗り心地もソフトで登りも気持ちよく登ってくれるようです。 シンプルで気の利いたカッコいいペイントにセンスを感じます、、、。 ただ今大変人気で少し納期はかかるようですが、期待以上の満足感をくれる最高のフレームビルダーさんです。 詳しくはカネハチまで! #equilibriumcycleworks #equilibriumcycle#cookpaintworks #エクイリブリウム #サイクルカネハチ#カネハチ#handmaidebike#ハンドメイドバイク#ハンドメイドバイシクル展 #roadbike#roadracer#steelbike#fulcrumwheels #fizik#thomson#nissencable#日泉ケーブル#sugino#shimano#sram#kounosu#鴻巣 #写真が埋もれてご紹介遅れました#タグでしゃべるな

Cycle Kanehachiさん(@cycle.kanehachi)がシェアした投稿 -


変速の調子を見るためお店の近くを少しテストライド。
ビンディングで軽くダンシングするとすぐにペダリングとシンクロして加速していくのがわかりました。
本当によく進むフレームで、また別の日に坂でこのフレームをオーダーして間違いなかった…と改めて思うのですがそのお話はまた今度。


今回フレームをオーダーして感じたことは、今の自転車で何か課題に思っている事があればそれを解決する手段の一つがオーダーフレームかもしれません。
そして実際にオーダーしてみて2つ大きな発見がありました。

1つ目は、オーダーはサイズの合うフレームに…とよく言われますが…
個人的には自分の使う用途に合わせて、素材やジオメトリを組み合わせてくれる事に真の価値があると感じました。
このおかげで今まで乗ってきたどのロードよりも少ない力で進みます。
20%近くなるとその魔法の効果はさすがに薄くなりますが…
15%くらいでもゆっくりなら余裕を持って進めます。


2つ目は、クロモリのダウンヒルの挙動は驚くほどナチュラルで安心。
路面からの振動はほぼ気にならないので穴以外の路面は気にせず進めるます。
また、フロントは硬くて軽い素材を使って作っていただいたのでスピードとハンドリングにだけ集中する事ができます。
ダウンヒルの苦手な私でもあっけない程簡単にダウンヒルをこなせるので、女性にやロングライドする人に強くおすすめします。

1つだけデメリット
カーボンと比べるとどうしてもフレーム自体は重くなってしまう事。
これは重くなっても登りのは魔法の様に登ってくれるので乗り味的には全く負担を感じないのですが、輪行する際は「あぁ、ちょっと重いかな?」と感じてしまい女性の輪行には少し苦になるかもしれません。
自転車のみなら8kgなのですが、私はツールケースやフードポーチ等を含めると少し重さを感じます。
トランポメインの方ならほとんど気にしなくていいと思います。

フレームではありませんが、今の悩みは白いペダルが汚れやすいのでどなたか対策方法などあれば教えてくださいw



長くなってしまいましたが、クロモリオーダーフレームが出来上がってみて大満足です。
特に安定感とハンドリングの良さが気にっているので、なんだか自転車に乗るのが少しうまくなったような感覚に(笑)

自分と相性のいいスキー板を見つけた時の喜び…(伝わりませんねw
お気に入りのペンを使うような、人によってはカメラかもしれません。
自分のお気に入りの自転車のある生活は人生が少し豊かになった。
そんな気持ちにさせてくれる物に幸運にも出会うことができました。



2018年1月21日日曜日

EQUILIBRIUM CYCLE WORKS さん


EQUILIBRIUM CYCLE WORKS




去年のサイクルモードで実際に見てから気になっている工房さんです。

今回のハンドメイドバイシクル展にはサイクルモードで展示されていなかった新作がありました!、来てよかったです~(^ω^)



MOLOTと名前があるのは今回初めて知りましたw
リアがわずかにたわむもののしっかりと進んでくれる楽しいモデルでした!
バイクロアでレースした後にお借りしたのですが、とても軽いホイールが着いていたのか信じられないほどの軽さでした。
軽いディスク用のホイールがあったらオーダーしてましたw



私のレビューはさておきCXをやる方にはおすすめな一台ではないかと思います。





こちらがロードのE1、これがクロモリ…?と思わず疑うような走りをしてくれるモデルですので、走れるクロモリを求めてる方は一度試乗することをおすすめします(^ω^)










現代1番求められているのはこのモデルでは?
グラベルロードでありながら、スリックタイヤを履けばロードとしても機能するマルチパーパスなモデル。

ちょっと高い印象ですが、良いロードとグラベルを2台買うよりお得かもしれません。
すでにロードを1台持ってる方が2台目にはもってこいの1台ではないでしょうか?

フリッカーは前のE1があるので綺麗なペイントをチェックしてみてください。












その後…




多摩川サイクリングロードで試乗させていただきました~



リアのシートステーが横方向にも縦方向にも曲げ加工が入ってます。
曲がってる部分が意図的にたわむ事で、「ダンシング等力がかかってたわんだ後に軽く押してくれる様な働きをしてヒルクライムでも助けになるはずだ。」とビルダーさんがおっしゃってました。



よ~くみるとツートーンの中にEの文字が!






特徴的なシートステーはこのようになっているんですね。



悪路でリアのトラクションを保ちつつ、突き上げを緩和してくれるシートステー。
エクイリブリウムサイクルワークスさんオリジナルの唯一無二の機能とスタイルが融合しています。



アルテグラR8000にある11-34Tのスプロケット、フラットマウントのディスクで組んだら相当面白そうです。
またはSRAMのフロントシングルでリアを更にワイドにしてもいいかもしれません。




初めてぬかるんだ砂利道をおっかなびっくりですが走って行くと、悪路でもものともせず走破できとても魅力的でした。



軽量なロードやヒルクライムをやる方にはブルタリストはやや重く…
そう聞くとネガティブに感じられるかもしれませんが、その重さが安定感にも貢献しているような印象で、そこから得られる安心感を武器にヒャッハーするのは単純に楽しかったです。

登れるか登れないかはどれだけ軽いリムのディスク用ホイールを用意できるか?
リアにどれだけ大きなスプロケットを装備出来るのか?

この2点のどちらか、もしくは両方を解決してあげると重さと登りでのネガティブな面などは皆無だと私は思います。

色々な道を走っていると、自分はどんな場所を走りたいのか…
また、どんな事が楽しいのか?
イメージをふくらませつつ試乗することが出来たので今回の収穫は大きかったです。

みなさんもロードバイクだけでなく、シクロやグラベルバイクで自分の走れるフィールドを広げてみてはいかがでしょうか?



2017年11月13日月曜日

飯能に10月桜を見に行ってきました







ひさしぶりの癒やしスポット飯能です。
この時期になると、カフェキキのマスターが教えてくれた名栗の10月桜を見るために飯能に脚を運んでみたくなるのです。
(10月は信じられない程台風に週末を潰されましたが…(›´ω`‹ )

金曜日はトミィさんとサイクルモード

土曜日はd_bさんとさいたまクリテリウム






日曜日の今日は半ば燃え尽きてますwww






駅前は飯能まつりで賑わっており、お神輿を担ぐ子どもたちがかわいかったです(*´ω`*)


そんなこんなで道中も車道を避けながらカフェキキさんに向かうのですが…




道端のコスモスですら綺麗で、この写真を撮っている間も鳥が鳴き続けるので長野にでも来たんじゃないかと錯覚するほどでした!







今日も美味しいフレンチトーストをありがとうございます~(*´ω`*)

カフェキキさんを後にしてから、名栗の壁画のあたりで血の味がして来ましたが…



さわらびの湯あたりまで頑張ったら10月桜を見られたので、今日は満足です〜(*´ω`*)



空も綺麗で今日はもう少し頑張れそう!



やっぱ無理…







やっぱり黒いと景色と重ねた時に映えない…
フェニーチェは上手く光を当てて撮らないと難しい。

その後も車道を避けて走っていたら鳥居観音の前に到着。
どうやらこの時期は紅葉祭りがやっているみたいで、駐車場にアスロン珈琲さんが出店してました。



ホット珈琲で暖まりながら、職場で飲む用の豆も買いました~(•̀ω•́)
手紙ブレンドなる物を買いましたがなかなか美味しいです!
今度はグァテマラも試してみたくなりましたのでまた買いにきます(*´ω`*)








知っている人は居ないと思いますが、BGMで東方妖々夢~Ancient Temple
もしくはネクロファンタジアが流れてきそうなステージですw

軽いノリで行ったらゲームオーバー確定なステージです…




ほらね







屋根の上に何かいます(›´ω`‹ )



きがつくと僕は見憶えのある場所に居た。(ゲームオーバー的な定例文





さて、ここからが本日のメインディッシュですが、すでに満身創痍です。























もしかしたらここは飯能で1番雰囲気のいい林道かもしれない。
林道の中に居る雰囲気は抜群に良いです(*´ω`*)



寄ってみたいと思っていたカフェはラストオーダー10分前(^^;;







定休日…(›´ω`‹ )




まだやってる!(((o(*゚▽゚*)o)))

お野菜のオブジェで皆さんもみたことがあるのでは無いでしょうか?







ステキなデザートがあったので、今度お茶しにきてもいいかもしれません(*´ω`*)

ご飯を食べたらすっかり暗く、脚が凍えるほど寒かったです(›´ω`‹ )
もう、脚はレッグウォーマーかウィンタータイツでなくては耐えられません (´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)




飯能のお祭りは夜も賑わってました!
この時期にもお祭りがあるのは珍しいので来年も10月桜や紅葉と合わせて飯能に行こうと思います〜(^o^)

今日は1人で1000mUPもしてませんが、満足度の高いライドでした〜(*´ω`*)

今度は林道の奥地まで行く事を目標に
頑張ります(*´ω`*)