2014年7月14日月曜日

Giulietta & MiToマイナーチェンジ

GiuliettaとMiToがマイナーチェンジ!

みなさん知ってました?
MiToもGiuliettaもグレードが2つのラインナップで展開され

MiToが
SprintとCompetizione 

Giuliettaは
SprintとSportiva


シンプルですが少し寂しい構成?

MiToのSprintはかなり装備が省かれましたが、
その分以前よりお安い268万円からのエントリーグレードになりました。

アルファロメオ江戸川のディーラーさんのブログには、
新しいSplintがどう変わったのか細かく紹介されてました。 
http://alfa4u.doorblog.jp/archives/51984941.html

これを見た後だとCompetizioneの装備が豪華に見えてきます。
おおよそですが、フラウレザーシートのオプション料金(約30万程)で
フラウレザーのシート
Splintで省かれてしまった装備
以前のcompetizioneにも付いてましたが、
17インチホイール
パドルシフト
アルミペダル
等が標準装備なのはお得感あります。

個人的にはふらりと気軽にお出かけ用にMiToがほしいです…
MiToがあったらフットワーク軽くなりそうです!





Giuliettaはフェイスリフトとステアリング・シート等の内装も変更されたらしいのですが、
正直外観は何が変わったのかさっぱりです^^;
みなさんわかります?


147の時のような大胆なフェイスリフトはなく、キープコンセプトのまま。
こちらも以前より少々お安くなったのかな?

しかし、GiuliettaのSplintは装備が豪華になってます。
バイキセノンヘッドライト
パドルシフト
17インチアルミホイール
が標準装備になってます。
スペチアーレと似た内容になってますね。
MiToと比べるとかなり豪華な装備。
何と言うSplint格差…

前にフォーカスに乗った時にも感じましたが、
4人乗って長距離移動するにはこのくらいのサイズとパワーが理想的なのかもしれません(個人的には

Sportivaにはレザーとアルカンターラのコンビシートが新しく標準装備となり、
レザーシートはオプション。

ホイールはQuadrifolio Verdeと似たデザインの18インチホイール。
この装備で以前のCompftizioneと同じ位の352万円。
以前のSportivaより約10万円の値下げ

毎日乗るよりも、週末に遠出したくなるような感じのジュリエッタ。
前にコンペティツィオーネに試乗した時に感じたのですが、
飛ばす車と言うより(飛ばしてないのでわかりませんが💦)
適度な速度でクルージングしてる時が快適でした。

きっと、飛ばしても応えてくれるんでしょうが…
飛ばすことを考えると更にもう一つ上のグレードのクアドリフォリオヴェルデに乗りたくなります。