2015年3月1日日曜日

貧脚に優しいと言われる物見山へ行ってきた。コンディションウエット


3月1日 物見山に行ってきました。

物見山は某有名なブログでも、「貧脚にやさしい坂を求めて」と言うシリーズにも収録されており、
場所も埼玉でなんとか行けそう!って事でしたが…

予定を立ててる段階から天気予報は雨…orz

しかも、当日は私が起きた時間から予報通りの雨!
これはもう神が「お主には無理じゃ、家でおとなしくしておれ」とのお告げだったのかもしれませんが、後輩の家の方は降ってないらしく。

147に初めてNironeを乗せて雨降る中出発です!


ちなみに、147にNirone乗せてる最中だけ、なぜか雨がメッチャ強く降って泣きそうでした…
なんなの神様? 日頃の行いのせいなの?。・゜・(ノД`)・゜・。

日曜日の朝なのに流れの悪いバイパスを超えて7分程遅刻して到着。

後輩のエクストレイルにNironeを載せ替え、やっとこさ出発(意外と時間かかりました(^^;;
みなさんどうやって車にロード乗せてるんですか?

物見山に行く前に、後輩の行くショップ仲間の高校生も参加してくれるそうなので、彼も回収してから物見山を目指します。

高校生の彼は、GiantのDefyに105とフルクラムレーシング7の武装。
後輩はgiantのTCR2にアルテグラとフルクラムレーシング0の2人とも黒いフレーム…

あれ?

ちなみに私はgiantでも11速でもフルクラムでもなく、フレームも白い…

激しく私が仲間外れにwww

つまり…

----------<被害妄想>----------

私「頼む…斜度がキツイからそのレーシング0貸して…7でも良い…」

後輩・Yくん「悪いなのび太このホイール11sなんだwww」

----------</被害妄想>----------

しかも高校生の彼はノーマルクランクらしい((((;゚Д゚)))))))

軽いギアを回せない私には羨ましい限りです(´・ω・`)
軽いギア回すと足には負担がきて、そのまま回し続けていられなくなります。
きっとペダリングの力が入りすぎてて下手なんだと思いますorz

インナーロー教団入信とか夢のまた夢です(;_;)

物見山をまず車で1周します。
サイクルスポーツセンターほどではありませんが、緩やかな起伏のある5kmほどのコース。
確かに貧脚に優しのもうなずけそうです。

駐車場でロードを取り出し相変わらず仲間外れの私w



いやー、にしてもエクストレイルならギリギリですが、3人とそのロード3台乗るんですね。

スキーもそうですが、本当エクストレイルにはお世話になってます。

後輩「でっ、ちょっと雨降ってるけどどうする?」

高校生Yくん「俺は行けますよ」

私「じゃあせっかく来たから走ろうか?」

さて、そんなこんなで早速物見山を走りますヽ(•̀ω•́ )ゝ✧

駐車場が小さな山の上にあるのでまずは下ります。

がっ…、やっぱりティアグラのブレーキか私の握力が弱いのかブレーキの効きが弱い…
もう少し詳しく書くと、止める事は出来るけど、スピードコントロールが難しいですね…

基本はそうなのでしょうが、下ハンを握りしっかりブレーキを掛けます。
雨なのでしっかりスピードは殺してますが、やっぱり怖い…私の苦手な…

ダウンヒルからのコーナー

新しいタイヤでどれだけグリップ力があるのか把握してないので、探り探り体重をかけると…

やっぱり気持ちが入ってないからかあっさり膨らみましたヽ(´o`;

しかし、タイヤは簡単にはスリップしなさそうなので安心しました(^^;;

しばらくは平坦を走り、その後は何段階か登り元いた場所の方まで戻ります。

走ることに夢中で何分かかったとか全然覚えてません(笑)

物見山に来たからには、名物の大東文化大の坂も登れよ。って後輩に言われたので…

私「じゃあ行くか?」

後輩「おう、俺は昨日の練習会で疲れてるからここで待ってるわ」

Yくん「えっ、それを言ったら俺も昨日練習会出てるんですけど…」

どうも煮え切らないピザデブの後輩…
カーボンハンドルやコンポをアルテグラにしてホイールをレーシング0にしたけど、やっぱり自分のスタンド能力
メタボリック・ラブ・アゲインが発現したままでは登れないらしい。
わがままボディに宿った贅肉はパージしないと坂は登れない。これ大事ですね(´・ω・`)

Yくんとさっくり坂を下って、坂を登り始めます。

※最初はゆるやかです。

長い直線の坂なので、そんなにきつくはありません、

私とYくんはアウターのまま登っていくと終盤で…

大東坂はバイキルトを使った!

斜度が上ったた!


私「ふぁ!アウターじゃ辛いんですけど…えっ?Yくんアウターのまま行くの?俺…もうむりぽヽ(´o`;」

フロントのインナー解放…

がっ、これで楽になると思ったら大間違い!!
軽いギアを回すのが苦手な私…

私「えっ?インナーだとこんなに回さなきゃダメなの? 足回らないからこっちの方が厳しい∑(゚Д゚)」

2枚目のギアを使ってましたが、辛くてシフトアップ3枚目のギアをなんとか回してゼーハー言いながら登り切ります…(普通の人なら後少しギアが残ってる!って感覚でしょうが、私は逆に軽いギア…ここにシフトダウンしたら脚削られてもう終わりだ…って心境ですヽ(´o`;


サイクルスポーツセンター程ではありませんが、ここは斜度がキツくて中腹の辺りが見えませんorz

そして雨だからかフラペが滑る滑る…
足に入れる力を加減しながら登るのが超辛い…
あぁ、クリートペダルが欲しいヽ(´o`;


さてここから、駐車場まで登る訳ですが…
ちょっと調子に乗って足を使いながら良いペースで登ります…が…

私「あれ?こんなに登り長かったっけ?」

呼吸を整えるためにペースダウンヽ(;▽;)ノ

するとY君がするすると登って行きますorz

私「ずっとノーマルクランクのアウターなのになんであんなに余裕なんだ…ヽ(´o`;」

しかし、彼もペースが落ちてきたのか、私も少しペースを上げてちょっと並ぶと…

Yくん「ふぅ、休憩終了♪」

飛ぶように登って行きましたorz

こりゃ敵いませんwww

その後は心が折れたので、もといさっき追いつくために頑張った分呼吸を整えていると…

後輩にも追いつかれましたwww

とりあえず同じくらいのペースで走り、駐車場に着いた〜と思ったら…

後輩「そこ違うからw」

どうやら早くゴールしたいあまり、駐車場じゃない所へ入ろうとする私ヽ(´o`;
ちなみにこの後もう一回やりますw

その後も走るYくんの後ろ姿を見る事なく駐車場へ到着。



本当、私も修行してもっと走れるようにならないとなぁ〜と思いました。
と同時に、いや〜若いって素晴らしいなぁとも思いました(笑)

そして誰ですかこの辺りを貧脚に優しいとか紹介した某有名ブログはwww

私みたいなヒヨッコの人にはそんなに甘くありませんでした。
ただnironeは斜度が一桁なら全然余裕だと再確認しました。

10〜15%位になると、さすがに2kg超えのホイールでは登れなくなります。

後輩が帰り際にnironeのおもさをは測ってくれましたが、重さは…


10.16kg
サドルバッグを外せば9k台は行けますね。(物見山走ってる時は外してた。

1番簡単なのは、ぐぐたすでも詳しい方に教えてもらった通り
ホイール・タイヤ・ペダル
が重量を削れる場所ですよね。

これから本格的に坂を登るならホイールは必須かな?と思っております。

ただ、それ意外では不安はないので、
しばらくは平坦で長距離走れるように頑張ります。
それから持っているlook keo easyを使えるようにシューズを買おうと思います(•̀ω•́)

いやー、みんなで走ると色々勉強になります(^^;;

ちなみに帰りが遅くなり、怒られたのはまた別のお話…